スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -

男たちの大和

『男たちの大和』観てきました。

本音を言うと、『THE 有頂天ホテル』や『博士の愛した数式』の方が見たかったけど。。。。誰かさんが言ったので見に行くことに。いや、見たくなかったわけじゃなかったけど、気が進まなかったんよね。だって戦争の話でしょ・・・?!

あらすじ:2005年4月、真貴子は鹿児島県枕崎の漁師・神尾に60年前、戦艦大和が沈んだ場所まで舟を出してほしいと懇願した。真貴子を乗せた小型漁船を走らせているうちに神尾の脳裏にも60年前の出来ごとがよみがえってきた。昭和19年の春。特別年少兵として戦艦大和に乗り込んだ神尾たちは、憧れの大和を前にし目を輝かせていた。しかしその喜びも束の間、彼らを待ち受けていたのは厳しい訓練の日々だった。神尾たちは上官である森脇・内田の叱咤激励のもと訓練に励んでいたが、彼らの努力もむなしく、日本は日増しに敗戦の色を濃くしていた。そして翌年の4月。米軍が沖縄上陸作戦を開始したのを受け、大和は沖縄特攻の命を下される。


回想シーン、実際の映像も入りつつドキュメント見たい?!って思ってたけど、一言この映画良かったです!!考えさせられました。でも本音を言うと、いい映画だけどもう観たくない。だって観ていて、辛くて悲しいから。でも実際にあったことだし、目を背けてはいけない!って思って観てたけど。。。。

悲しすぎますポロリむなしいと言うか、何のために??って思えちゃって。大泣きしてました。おはぎを食べるシーン。沖縄に向かう大和最後のシーンでは、ずっと泣きっぱなし。極めつけは、最後に土下座で謝るシーン。

ほんと悲しくて、切なかったです。

戦争を知らない世代で、こんなにも泣いているのに、知ってる世代にとっては辛い映画かも。公開してだいぶ経ってるけど、色んな世代の人がたくさん来てました。やっぱりいい映画は世代に関係なく、いいんだなぁって思った。

皆さん、ぜひ観てください。


自己評価は星星星星星

邦画 | 09:47 | comments(0) | trackbacks(0)

お久しぶりです

さて、お次は観た映画覚えてるものだけでも挙げていこうかと

きのこオレンジ『Mr.&Mrs.スミス』
これはもう拳銃を使った夫婦喧嘩のようなもんですね。たらーっ
でもかっこよかったです!

きのこレッド『春の雪』
谷崎潤一郎作品ですね。間違ってました、三島由紀夫でした・・・・。映像が綺麗でした。(ご指摘ありがとうございます!)

きのこグリーン『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』
これ観てなんかスッキリニコニコ謎が解けましたよ。

きのこブルー『星になった少年』

きのこオレンジ『姑獲鳥の夏 』

最近観た映画 | 12:03 | comments(1) | trackbacks(1)

お久しぶりです

ここを更新するのも久しぶりです。
空いていた間、色んな映画を観たんですが、全部書いていったら大変なので(とにかく、たくさん観たのは確か)最近観たものだけでも。。。。



『ロード・オブ・ウォー』

まず娯楽映画じゃーないです!!
ストーリー:レストランで働く平凡な男ユーリー・オルロフ(ニコラス・ケイジ)は、偶然銃撃戦に巻き込まれたことから、武器商人として生きていく道を思い立つ。弟のヴィタリー(ジャレッド・レト)とともに武器売買の事業を始めるが……。

すごいです、これ!!本当の話を基に作られた映画なんやけど、いやぁなんか考えさせられましたね。最後にテロップ?!が流れたんやけど、そこに書かれている事にガツーンときました。世の中のちぐはぐさというかね。見る価値ありだと思います。

自己評価は星星星星星

最近観た映画 | 11:25 | comments(0) | trackbacks(0)

四日間の奇蹟

前に原作読んでてたんで観に行ってきました!!

『四日間の奇蹟』

原作が小説なもんで、今まで映画化されたらいまいちってのがあったけど、これはそんなことなかったと思う。うん。。。。

原作と同様やさしい映画やった。
映画での音楽がピアノ楽曲を使ってるんやけど、それままた心地よくって、やわらかい雰囲気だしてたかなぁ。

やわらかいで思ったんやけど、石田ゆり子の声がなんとも心地よい。『解夏』でもそうやったんよね。この作品でもやっぱりそうやった。

後、舞台になった場所が山口県の角島って所なんやけど、海の色がきれい!!澄み切ったきれいなコバルトブルーなんよね。それがまた映画の良さを引き出してたような気がする。

そして泣いちゃいました。映画や本になるとかまわず泣いてしまう私。でもこの映画、結構泣いてる人いたと思うんやけどねぁ。

最後に、この映画。原作を読まないと分からない所が最後にあったんよね。なんでこんなところに・・・?!って思うかも。小さいところなんやけどね。見落とすかも人もいるかも。最後にアップされる、教会のステンドグラス。そこに“to Chiori from PAPA&MAMA”って書いてあってん。原作を読んだ人なら、それはなんでそこにあるかがきっと分かるはず。



ゆきだるまの評価は。。。★★★★☆

PC四日間の奇蹟@オフィシャルサイト

邦画 | 23:52 | comments(1) | trackbacks(3)

溜めてます

DVDとかで観たんやけど、なかなか更新せずにためてます・・・。とりあえず、どんな映画だけども載せておこうと思って。

『笑いの大学』
『ミスティックリバー』

『キング・アーサー』

『あずみ2』

『コラテラル』

『阿修羅城の瞳』


さぁて、いつになったら書けるんやろうか・・・?!

まっ、ぼちぼちやっていきます。

最近観た映画 | 00:09 | comments(0) | trackbacks(1)

観たい映画

〜洋画〜
『フォーガットン』 
主演:ジュリアン・ムーア、ドミニク・ウェスト、ゲイリー・シニーズ
監督:ジョセフ・ルーベン
PCオフィシャルサイト
公開日:6月04日に公開
ジャンル:サスペンス
一言:予告編を観たときに、そそられました(笑)サスペンス好きなもんで。

『ミリオンダラー・ベイビー』 
主演:クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン
監督:クリント・イーストウッド
PCオフィシャルサイト
公開日:公開中
ジャンル:ヒューマン・ドラマ
一言:かなり話題になってる作品でしょ?!そりゃー、観てみたい!!

『最後の恋のはじめ方』 
主演:ウィル・スミス、エヴァ・メンデス 、ケヴィン・ジェームズ
監督:アンディ・テナント
PCオフィシャルサイト
公開日:6月04日公開
ジャンル:ラブ・コメディー
一言:ウィル・スミスが出演するってことで、なんか楽しそうな映画かなぁっていつもの直感。後は、邦題に惹かれた(笑)ただし原題は、Hitch。

〜邦画〜
『オペレッタ狸御殿』 
主演:オダギリ・ジョー、チャン・ツィイー、薬師丸ひろ子
監督:鈴木清順
PCオフィシャルサイト
公開日:公開中
ジャンル:ミュージカル
一言:なんだろ?!ただ面白そうやなぁって思って。。。。

『四日間の奇蹟』 
主演:吉岡秀隆、石田ゆり子、尾高杏奈
監督:佐々部清
PCオフィシャルサイト
公開日:6月04日公開
ジャンル:ファンタジー?!
一言:原作読みました!!原作を読んで良かったので、もちろん映画も気になるところです・・・。

気になる作品 | 11:22 | comments(0) | trackbacks(1)

バタフライエフェクト〜The Butterfly Effect〜

先日観に行ってきた『バタフライエフェクト』

これもあまり知識なしで観に行ってきました。アメリカでの前評判が良かったようなんで。

ストーリーは
主人公エバァンは、ごく普通の少年だった。時折記憶喪失になる以外は・・・そこで精神科医は彼に日記を毎日つけるようにすすめる。やがて記憶喪失になることが過去になりつつあった、7年後の大学生の時、7歳のころからつけていた日記を見つけ、読み返す。そのとき彼は忘れかけていた記憶を思い出す。幼馴染の少女ケイリー。そして二人が引き裂かれてしまった決定的な出来事。“君を迎えに来る”という約束が果たせていなかったエバァンは、彼女のためにある選択をする。それは取り返しのつかない状況を引き起こすとは知らずに。。。。


話の発想が面白いです。人間誰にだってあることやと思った。戻れるものなら、過去に戻ってもう一度人生をやり直したいって思う気持ちは。私も、やっぱりあるもんね・・・・

なんか夢中になって観てたような気がする。ハラハラする場面もあったけど。途中、やっぱり子ども時代の親の影響、家庭環境ってものすごいものやなぁ・・・なーんて余計なことも考えたりしつつ、映画に引き込まれました。

俳優陣は、あんまり日本では知られてないかな・・・?!でもアメリカでは大注目の彼、アシュトン・カッチャー。私はアシュトン・カッチャーしか知らなかった・・・他の俳優陣は知らんかったよ汗

でもどの俳優陣も、この映画で様々な顔みせてます。これがすごい・・・。同じ人・・・?!って疑ってしまうところもあり。人って、化粧でえらい変わるもんやね。

最後はちょっと切なくなってしまいました悲しい

きっとこの映画、観れば観るほど味が出てくる映画だと思います。色んな発見があったりと。また観たいなぁ。

ちなみにバタフライエフェクトとは、「小さな蝶が羽ばたくと、地球の裏側で竜巻が起こる」という、わずかな違いが後に大きな結果の差を生むという理論だそうです。


ゆきだるまの評価は。。。★★★★☆

PCバタフライエフェクト@オフィシャルサイト

洋画(アジア作品含) | 17:32 | comments(1) | trackbacks(5)