スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -

<< ゲド戦記 | main | 涙そうそう >>

UDON

7月末から更新してませんでしたね・・・・。いやぁ、でもあれから毎月映画見に行ってるんだけどね汗サボってましたイヒヒ

確か8月だっけ・・・?!9月の初めに観に行ってきました。
『UDON』



この映画見る前に、実は友達とUDONツアーしてきたんです。映画と関係なく、ただ讃岐うどん食べたいっっ!!って衝動に駆られて。で、この映画が公開されるってことで、なんか妙に気になってしまって。

出演者は、ユースケサンタマリア、小西真奈美、トータス松本、小日向文世、鈴木京香ら個性豊かな方々です。

あらすじ:「世界を笑わせてやる!」と一流コメディアンを夢見て単身NYに渡った松井香助(ユースケサンタマリア)が、返し切れないほどの借金を抱え、一度は捨てた故郷・香川に舞い戻ってくる。製麺所を営み、日々黙々とうどんを打ち続けるがんこ一徹な父親は「なにしに帰ってきた」とにべもない。それでも、親友・庄介(トータス松本)の紹介でタウン情報誌「さぬき」に職を得た香助は、香川名物さぬきうどんのコラムを企画し、やがて空前のうどんブームが巻き起こるのだが…。
うどんを通しての、人間模様。讃岐の文化?!ってのが、観れたような。

で、なんといっても観終わってから。。。「もう一回うどん食べに行きたーーーい!!」自動車ってなったのは、言うまでもありません。

ほんまに、食べに行きたい。あのコシのある麺。。。。食べに行きたいっっ!!

これもまた賛否両論あるみたいだけどね。この映画は、楽しめたらいいと思う。ただちょっと・・・って思ったのが、色んなうどん屋さんが次々に画面に出てきたところ。どれを見たらいいのか、分からず目が回った・・・泣き顔

さて、今回の自己評価は星星星

邦画 | 11:40 | comments(0) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

- | 11:40 | - | -

Comment
Add a comment









Trackback
真・映画日記(3)『UDON』 / CHEAP THRILL
2006/10/15 12:24 PM
(2から) 3時15分からは『UDON』なんだけど……長いってば。うどんだけで2時間15分あるんだから。 監督は『踊る大捜査線』や『交渉人 真下正義』などを手掛けた本広克行。 主演はユースケ・サンタマリア。 他、小西真奈美、トータス松本、鈴木京香、小日向文世な