スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -

<< お久しぶりです | main | ナルニア国物語/第一章・ライオンと魔女 >>

男たちの大和

『男たちの大和』観てきました。

本音を言うと、『THE 有頂天ホテル』や『博士の愛した数式』の方が見たかったけど。。。。誰かさんが言ったので見に行くことに。いや、見たくなかったわけじゃなかったけど、気が進まなかったんよね。だって戦争の話でしょ・・・?!

あらすじ:2005年4月、真貴子は鹿児島県枕崎の漁師・神尾に60年前、戦艦大和が沈んだ場所まで舟を出してほしいと懇願した。真貴子を乗せた小型漁船を走らせているうちに神尾の脳裏にも60年前の出来ごとがよみがえってきた。昭和19年の春。特別年少兵として戦艦大和に乗り込んだ神尾たちは、憧れの大和を前にし目を輝かせていた。しかしその喜びも束の間、彼らを待ち受けていたのは厳しい訓練の日々だった。神尾たちは上官である森脇・内田の叱咤激励のもと訓練に励んでいたが、彼らの努力もむなしく、日本は日増しに敗戦の色を濃くしていた。そして翌年の4月。米軍が沖縄上陸作戦を開始したのを受け、大和は沖縄特攻の命を下される。


回想シーン、実際の映像も入りつつドキュメント見たい?!って思ってたけど、一言この映画良かったです!!考えさせられました。でも本音を言うと、いい映画だけどもう観たくない。だって観ていて、辛くて悲しいから。でも実際にあったことだし、目を背けてはいけない!って思って観てたけど。。。。

悲しすぎますポロリむなしいと言うか、何のために??って思えちゃって。大泣きしてました。おはぎを食べるシーン。沖縄に向かう大和最後のシーンでは、ずっと泣きっぱなし。極めつけは、最後に土下座で謝るシーン。

ほんと悲しくて、切なかったです。

戦争を知らない世代で、こんなにも泣いているのに、知ってる世代にとっては辛い映画かも。公開してだいぶ経ってるけど、色んな世代の人がたくさん来てました。やっぱりいい映画は世代に関係なく、いいんだなぁって思った。

皆さん、ぜひ観てください。


自己評価は星星星星星

邦画 | 09:47 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | 09:47 | - | -

Comment
Add a comment









Trackback